• 上海沃德医療センターは内視鏡
  • 上海沃德医療センターは内視鏡
  • 上海沃德医療センターは内視鏡

内視鏡

胃腸内視鏡検査は消化器系の病気でよく用いられる、一番頼りになる診察方法です。しかし、胃腸内視鏡検査は体内に異物を挿入する検査で、患者さんにある程度の痛苦と不快感を与えてしまうため、多くの患者さんはそれで尻込みをしてしまい、治療のタイミングを遅らせてしまっていました。無痛胃腸内視鏡が出現してこの難題を解決しました。

胃腸内視鏡検査をする時は患者さんに全身麻酔をし、患者様が知らない間に検査を終わらせてしまう技術です。検査が終わる時には、鎮静作用もなくなり、患者様は目が覚めたら、自分で病院から帰ることができます。これは「無痛内鏡」あるいは「無痛苦消化内鏡」といいます。

お問い合わせ/予約

お問い合わせ 予約受付

課の配列

近期推出

医師のご紹介

  • 髄涛 内科 主治医

    髄涛

  • 孫涛 内科 主治医 修士研修生指導医

    孫涛

  • 張文 内科 副主任医師

    張文

  • ユ コウ 主任医師

    ユ コウ

無痛胃腸鏡検査の利点

患者の緊張感、不安を解消でき、患者の頑健性を高めることができる
検査過程が快適で、静かで、無痛と不快感がない
伝統的な内鏡検査によって起こった心脳血感の意外、消化道出血などの合併症の発生を減らすことになる。
麻痺の状態で腸鏡検査をするとき、腸道が緩む、腸道痙攣がない、腸鏡検査時間が大いに短くなる、良好な検査腸道の条件を作り、検査の質量を高めることができる。
検査過程で患者が静かな状態で、腸道蠕動が緩くなる、詳細、徹底的に検査することに有利である。病変を識別でき、病理検査の材料を取るの確実性を高めることができ、それに、症状を見落とす、誤診率を減らすできる。

無痛胃腸鏡検査の適応性

通常的な胃腸鏡検査に頑健性に弱い高齢者、胃腸鏡検査に恐ろしい感じを持つ患者、ほかの原因で通常的な胃腸鏡検査を受けない患者に対して、無痛胃腸鏡検査を受けることができる。

反復に腹痛、満腹感、腹に不調な感じがある患者
消化道出血(黒色便あるいは吐血)
特に消化不良の症状を持つ、例えば、食欲不振、胸焼け、げっぷ、吐く、胃焼けなど;大便性状の変化、粘液糸血膿便など
原因不明の食欲不振と体重の軽減する
嚥下困難と摂食障害、腹部に腫瘤がある
異物を食道あるいは胃内に飲み込む、胃結石を取り出す必要がある
消化道ポリープ(胃、腸)内鏡を用いて切除技術、消化道狭い拡張治療、
遺伝性消化道腫瘤、ポリープ歴を持つ患者、CEAが高い患者
確診した各種類消化道病気の患者を追跡調査をすることに必要がある。

受診时间

  • 月曜日- 金曜日 9:00——17:30
  • 土曜日、日曜日 9:00——17:30

課の環境

To Top